HOME > トピックス一覧 > VOC排出抑制への取組み

VOC排出抑制への取組み

2006年4月1日より改正・大気汚染防止法のVOC排出施設の届出、VOC濃度測定、排出基準遵守に関する規定が施工されました。
今回の法で規制を受ける『排出量の多い施設』は少なく、むしろVOC排出を抑制し、目標値の達成に塗料・塗装の業界全体で自主的に取組みを行うことが求められています。
当社はこれらの業界の自主的取組みに積極的に関わり、販売業の立場から、環境対応商品の各業界への普及に努めてまいります。

建築塗装業界に対しては

  1. 弱溶剤(トルエン・キシレン等を極力含まない)希釈の塗料の使用
  2. 水性塗料を中心とした塗装仕様の推進
  3. 水性塗料専用の刷毛・ローラーの販売
  4. 残塗料の環境に配慮した処理方法・処理剤の使用などの推奨

商品の説明はこちら

自動車補修業界に対しては

  1. シンナーより希釈がすくなくて塗装の出来る希釈剤
  2. 着色力が大きく塗装回数・使用塗料が少なくて塗れる塗料
  3. 粘度が低くても固形分の多い塗料の使用
  4. 水性ベースコート塗料の使用
  5. 塗着効率の良い塗装機の使用

…などの組合せによりユーザーの工場状況に応じたVOC抑制の取組み提案

商品の説明はこちら

工業用(ライン塗装)に対しては

水溶性塗料や粉体塗料(無溶剤)への塗装仕様の変更提案

戸建住宅の塗替えに対しては

可能なかぎりオール水性塗料による塗替え仕様の推進

…などにより取組んでまいります。
VOC抑制の取組みをお考えでしたら、是非ご相談下さい。

トピックス一覧