工業・自動車補修・建築用塗料、看板資材、外壁塗装・屋根塗装のリフォーム専門店 加藤塗料(株)三重県四日市市

加藤塗料株式会社
看板用塗料
建築用塗料

商品紹介バックナンバー
水性ウレタン・シリコン樹脂塗料
窓ガラス用遮熱コーティング剤
超撥水特殊変性シリコン樹脂つや消し塗料
下地調整塗材
遮熱塗料
環境配慮型塗料
超低汚染クリヤーコーティング剤
多彩サイディングボード用クリヤー
水性無機有機複合塗料
自然塗料
アクリル系壁仕上げ材

弊社は、環境にやさしく人にやさしい自然塗料や、多彩なバリエーションの装飾仕上材を積極的に推進しております。  
建物
コンクリート、サイディング、木、トタン、鉄部
屋根
新生瓦、モニエル瓦、折板、トタン、スレート
コンクリート、木
内部壁
各種ボード、コンクリート、クロス、木
 商品紹介(2) 自然塗料のご紹介
 このコーナーでは、順番にいろいろな商品をご紹介させていただきます。 第2回目は、「自然塗料」をご紹介します。

 「自然塗料」の特徴は、天然の原料を使用し、環境に配慮した塗料であるということ。そして人間や動物にも無公害の塗料なので、小さいお子様のいらっしゃる家庭・施設で積極的に導入が進んでおります。

3つのメーカーをご紹介しますが、詳しい違いをお知りになりたい方は、お気軽にお問合せ下さい。
 オスモカラーのご紹介 無公害木材保護塗料

オスモカラーは1899年創業の独オスモ社が木の専門家の立場で作った自然の植物油(ひまわり油、大豆油、アザミ油)と植物ワックス(カルナバ、カンデリラ)がベースの無公害木材保護塗料です。ISO9001工場で製造、独オスモ社はISO14001を継続取得しています。

オスモカラーのサイトへ

●塗りムラのない美しい仕上がり
オスモカラーは含浸性塗料なので曲面、傾斜面も平面同様に美しく仕上がり、塗装の割れ、メクレ、ハガレやフクレがおこりません。合成樹脂塗料のように表面に塗膜を作らないので、塗装後の割れ、メクレ、膨れ、ハガレが起こりません。
●湿気の多い場所に使える優れた撥水性能
オスモカラー塗装は水が落ちても玉になってはじきます。植物性ワックスなので動物性ワックスのように変色しません。オスモカラーを塗装すれば、木の自然の風合いと肌触りを損なわずに耐摩耗性、撥水性を付加することができます。
●木が呼吸することができます
オスモカラーは木に深く浸透し自然のままの通気性、部屋の調湿性を実現します。素肌で触れた時、その違いに気づきます。合成樹脂塗料のプラスチックのような手触りに対して、オスモカラーは自然の木のぬくもりを感じることができます。木の呼吸を妨げずいつまでも自然な状態に保ち、長持ちさせます。木が呼吸できることで自然の木の美しさが保たれ、室内の調湿作用も得ることができます。
●汚れにくくお手入れが簡単
オスモカラーはJIS A1531常温液液体に対する表面抵抗試験に合格、水、お茶、ビールなどのシミに強く万が一の汚れも雑巾で簡単に落とせます。ワイン、ビールやジュースをこぼしてもシミになりません。
●優れたメンテナンス性
オスモカラーは補修が容易です。塗装面が一部キズついてもその部分だけサンドペーパーをかけ、塗り継ぎ目立たず補修することができます。

◆オスモカラーの塗り方アドバイス◆

  1. オスモカラーはシンナーなどの溶剤で絶対に薄めないで、よくかき混ぜてそのままご使用下さい。
  2. 固めの刷毛(オスモブラシ推奨)を使い、木目に沿ってすり込むように薄くよく伸ばして、塗って下さい。(含侵して表面に塗膜を作りません)
  3. やわらかい刷毛で、合成樹脂のペンキを塗るようにベッタリ塗りますとムラができ、乾燥不良が起こります。(失敗塗装の原因のほとんどが塗り過ぎです)
PAGE UP
 AURO 100%天然原料!!
AUROのサイトへ
【AURO商品のコンセプト】
A.原料栽培に農薬や科学肥料を一切しようしないこと
B.100%天然原料であること
C.全成分を表示すること
D.使用時に健康への負荷がないこと
E.住環境及び外部環境へ負荷を与えないこと

※原材料の調達から廃棄(リサイクル)に至るまで、環境に負荷を与えないLCA(環境影響評価)を遵守した商品です。

::: 自然塗料と一般塗料の相違点 :::
区分
AUROの自然塗料
一般塗料
長所
1. 100%天然原料から出来ており、塗膜面から有害ガスが発生しない。
2. 塗装後もムク材の呼吸力が大きいこと。
3. ムク材の素材感を活かすこと。
4. 塗装作業者の健康を損ねないこと。
5. 全成分を開示していること。
1. 塗膜の耐久性に優れること。
2. 乾燥が早いこと。
3. 工業塗装のライン適正に優れること。
4.

トータルコストが割安であること。

短所
1. 乾燥時間が長いこと。(約24時間)
2. 塗膜の耐久性が劣ること。
3. トータルコストが割高なこと。
4. 使用後のウエス類は自然発火の可能性があるため、その処置に注意が必要なこと。
5. 日頃の手入れ(メンテナンス)が必要なこと
1. 塗膜後、ムク材の呼吸力が劣ること。
2. ムク材の素材感を殺すこと。
3. 塗装面から石油系の有害ガスが出やすいこと。
4.

成分表示が不十分なこと。

 
 Planet Japan 〜人と環境に優しく 作業性に優れた天然木材保護塗料〜
プラネットジャパンのサイトへ
日本の知恵をドイツの技術を結集した最高品質

【プラネットカラーシリーズの主な特徴】
溶剤は殆ど含まれていません。また含まない内装用ワックスもあります。
シンナーなどの揮発性成分は含みません。
環境、人、動物に安全です。
DIN 53160に合格しているので、子供の玩具はもちろん
  木の食器にも塗装が可能です。
 
 その他の弊社取り扱いメーカー一覧
日本ペイント株式会社
関西ペイント株式会社
スズカファイン株式会社
エスケー化研株式会社
菊水化学工業株式会社
山本窯業化工株式会社
大同塗料株式会社
アイカ工業株式会社
水谷ペイント株式会社
ロックペイント株式会社

オリエンタル塗料株式会社
イサム塗料株式会社
玄々化学工業株式会社
日本オスモ株式会社
オキツモ株式会社
中国塗料株式会社
カナエ塗料株式会社
大橋化学工業株式会社
大伸化学株式会社
好川産業株式会社
大塚刷毛製造株式会社
精和産業株式会社
詳しい性能や品質・特徴は、各社ホームページでご覧ください。 また、弊社にお問合せいただければ、詳しくご説明させていただきます。 どうぞ、お気軽にお問合せ下さい。
お問合せ・見積もり依頼はこちら
PAGE UP
【塗料専門店】 加藤塗料株式会社
〒510-0886 三重県四日市市日永東3丁目14-28  TEL:059−345−2351 FAX:059−347−1376

トップページ 看板用塗料 ペイントドクター 工業用塗料 自動車補修用塗料 建築用塗料 会社概要はこちら 採用情報はこちら お問合せ・見積もり依頼はこちら